ヤーズの値段はいくら?病院と通販の値段を比較

ヤーズの値段はいくら?病院と通販の値段を比較

ヤーズを病院で処方してもらったときの値段は保険適用で3000円前後!

ヤーズは、低用量ピルとして世界中で使われている避妊薬です。日本でも、月経困難症の治療薬として、クリニックで処方されます。

病院でヤーズを処方してもらう場合の値段は、保険適用でおよそ3000円です。

ヤーズの処方にかかる値段について見ていきましょう。

「カトレアレディースクリニック」では、ヤーズの処方にかかる金額は、保険が適用されたうえで、3130円です。薬そのものの値段に加え、「初診料」「初診料」「薬剤情報提供料」がかかります。2回目以降は2660円で処方されます。

また、2100円で、もう1シート追加で処方してもらうことも可能です。病院に行く時間がない、通院を忘れてしまいそうで不安という人は、まとめて処方してもらうとよいでしょう。

「的野ウィメンズクリニック」では保険適用のうえ、ヤーズ1シートにつき2290円かかります。さらに、初診料として850円、再診料として380円加算されます。

保険適用の場合、3シート分をまとめて処方してもらうことができます。2シート処方してもらったときの値段は5230円、3シート処方してもらったときの値段は7330円です。

これらの金額は、保険適用の場合にかかる費用です。ヤーズは、月経困難症の治療に限り、保険が適用されます。避妊や生理日の調整のためにヤーズを使う場合は、自由診療となるので注意しましょう。

ヤーズを自費診療で治療してもらうと高額になる

ヤーズは、保険適用でおよそ3000円かかります。

ヤーズが保険適用となるのは、月経困難症の治療に使われる場合に限ります。避妊や、生理日をずらすために使う場合、保険が適用されず、自費診療扱いとなります。

ヤーズには「薬価」が定められています。薬価とは、国が決めた薬の値段のことです。薬価が定められた薬は、どこの医療機関でも同じ値段で処方されます。

ヤーズの薬価は1錠275円、1シートあたり28錠なので、合計で7700円です。保険適用の場合、患者が負担する治療費は、元の額の3割分です。そのため。ヤーズは7700円の3割負担で2310円となります。これに診察料や検査料を加えると、合計の費用はおよそ3000円です。

自由診療の場合かかる費用はすべて患者の自費となります。また、自費診療では、治療費や薬の値段は、医療機関が自由に決めることができます。大抵の場合、自費診療は高額になりがちです。

もし、避妊や生理日の調整のためにピルを使うのなら、ヤーズでなく、他のピルを使ってみるのもよいでしょう。

「トリキュラー」や「マーベロン」は、保険が適用されないピルですが、自費診療でも2500円程度で処方してもらえます。どちらのピルも、避妊や生理日の調整に使うことができます。

ヤーズを通販すれば病院よりも低価格

通販を利用すれば、ヤーズを低価格で購入できます。

ネット通販では、海外で販売されているヤーズを個人輸入するという形をとります。診察代や検査代が不要なだけでなく、薬自体の価格も安くなりお得です。

海外製品といっても、効果は日本の病院で処方されるものと変わりません。スマホやパソコンがあれば、24時間、いつでもどこでも注文可能です。

通販サイトでは、ヤーズ1シートが2000円から4000円で販売されています。多くのサイトでは、まとめ買いすることで価格が割引されます。

ヤーズは、長期間にわたって使う薬です。病院では、1度の診察で処方される量に上限があります。そのため、使い切るたびに病院に行かなければいけません。通販なら、1度の注文でまとめて購入できるだけでなく、価格も抑えることができるのです。

また、多くの通販サイトでは、ポイント還元など、様々なサービスがあります。

このように、通販を利用すれば、低価格でヤーズを購入することが可能です。費用がかさばって困っている、病院に行く時間がない、という人は、通販でヤーズを購入してみるとよいでしょう。

忙しい女子必見!試してわかった、ヤーズの通販はチョー便利!